わがまま科学者

こちらのサイトに移動しました:http://wagamamakagakusha.hatenablog.com 米国ボストン在住の神経科学研究者のブログです。科学、教育などに関する雑多な私見、主張。1ヶ月に1度程度の更新予定。  Twitter:@yamagatm3   研究者情報:https://about.me/masahito.yamagata/

タグ:神経科学者SNS

年の瀬です。「此頃都ニハヤル物、」で始まる「二条河原の落書」というと、建武元年(1334年)、二条河原で話題になったという日本史では有名な史料です。
原文から。https://ja.wikipedia.org/wiki/二条河原の落書

=================================================================
非職ノ兵仗ハヤリツヽ 路次ノ礼儀辻々ハナシ 
花山桃林サビシクテ。牛馬華洛ニ遍満ス。
(中略)
サセル忠功ナケレトモ 過分ノ昇進スルモアリ 
定テ損ソアルラント 仰テ信ヲトルハカリ
=================================================================

現代語訳文 http://historykennel.blog.fc2.com/blog-entry-45.html より引用させていただきました。
「兵士であっても職がない、そういう輩が増えている。辻で出会えば挨拶の、かわりに噂をひそひそと。ちょっと田舎に行ってまで、風雅を愛でる人もなく、公卿も武家も京にいて、保身出世に奔走す。(中略)さして手柄もないけれど、いつの間にやら大出世、そんな男も中にいる。落ち度があれば必ずや、損してしまうことになる、そう考えてすることは、上司にゴマをするばかり。」

日本ではバイオ系の大きな学会が開かれているということで、そこで見かけるだろう「落書き」。

=================================================================
博士であっても職がない、そういう輩が増えている。学会で出会えば、挨拶のかわりに噂をひそひそと。
地方はとても貧しくて、学問もできず。教授も学生も都会にいて、保身出世に奔走している。
(中略)
たいした業績もないのに、いつの間にやら大出世するものもいる。
少し落ち度があると潰される。考えているのは、上の信用をえるために、媚びたり忖度することばかり。

=================================================================

別の「落書き」を見かけました。

=================================================================
日本の研究競争力がなくなってるのはビッグサイエンスに偏ってるから
https://anond.hatelabo.jp/20171206092117
=================================================================

これに対して、「日本の科学と技術」さんがこう書かれています。
https://twitter.com/scitechjp/status/938413141439819777
「サイエンスのブレークスルーを作るのは、トップダウンのビッグサイエンスではなく、個人の頭の中のユニークなアイデア。どこの誰がどんな面白いことを考えているかは予測がつかないから、最低限の研究費を薄く広くばら撒くのが一番いいお金の使い方。億単位の予算を一人につけると無駄になること多し。」

全くその通りだと思うのです。ただ、ビッグサイエンスというのは、時に家内工業のようなスモールサイエンスを守るための「方便」として利用されていることもあるので、表面だけ見て判断をするのも、危険な議論だとは思うのです。

昔、亡くなった岡田節人さんが、生物学にはビッグプロジェクトがないから、素粒子物理学のように予算を引っ張ってこれない、というようなことを言っていたのを思い出しました。まだ、ヒトゲノムプロジェクトなどがでてくる前でしたが。。

ビッグサイエンスは、おそらく成功すると約束されたような状況で、確実かつ計画的に大きなまとまった予算が取れる。うまくいかなくても、成功と見せかける予防線を張っておくことも常です。ビッグサイエンスの一部ということで、この予算の一部を何らかの形で分配できればスモールサイエンスも助かるわけです。

一方、スモールサイエンスは計画しにくいし、不安定であるということでしょう。

もっとも、日本のある分野では、こういう「見せかけ」の手法の中毒みたいな感じになっているのではないか、と思うのです。そして、こういう見せかけの中毒になってしまっているので、それに関わる様々な研究者コミュニティの「しがらみ」がでてきてしまうのでしょう。

christmas_zangyou
    このエントリーをはてなブックマークに追加

今年は、去年から問題になっていた東京大学分子細胞生物学研究所のW教授の研究不正についての公式の見解が発表されました。また、年末になって、名古屋大学からの「ディオバン論文」の問題が、再調査の結果、論文撤回勧告という報道を見かけました。これらの問題については、大きな報道もされていましたので、今更という感じがします。

今回、私が敢えて考えてみたいのは、これらの不正や撤回勧告そのものとは別の問題です。その前に、この2つの問題について、思い返していただきたいと思います。

東大分生研のW教授の問題については、W教授が日本のスター研究者であり、朝日賞、上原賞、武田医学賞などの大きな賞を、総なめにして受賞されていたということで、ショックを受けた研究者が多かったと思います。そのうちの朝日賞の説明です。

分子生物学者  山本正幸さん Wさん 減数分裂の仕組み、明らかに
http://www.asahi.com/shimbun/award/asahi/2015prizewinner.html
「このころの山本研究室に、Wさんもいた。その後、自らの研究室を立ち上げたWさんは、染色体が均等に分かれる仕組みに着目し、大切な役割を果たすたんぱく質を見つけ、「シュゴシン」と名付けた。 」

一方、名古屋大学の問題は、経緯がここに書かれています。2014年に公表した「最終報告」の後、宇宙物理学者の先生を中心とする公正研究委員会の再調査の結果、そういう結論になったということでした。

名古屋大、ディオバン論文に撤回勧告、2014年の「最終報告」から一転  学外からの指摘で再調査、疑惑症例除外で「有意差が出なかった」
https://www.m3.com/news/iryoishin/570754
(2017年11月23日 (木) m3.com編集部)
「 名古屋大は2014年12月に公表した最終報告で「データの恣意的操作はなかった」「(論文の)主要な結果は信頼できる」と判断。イベントの定義と白橋氏の肩書についてのみ修正を勧告していた(『名大「データの恣意操作なし」と最終報告』を参照)。
しかし、2016年6月に、学外から「NHSに関する論文が、名大公正研究委員会の勧告に従った修正がなされていない」との指摘が寄せられた。これを受け、同年7月に大学は公正研究委員会による調査を開始した。特に問題となったのは、「心不全による入院」と判定された症例について。さらに9月には学外から別途「修正論文では4例とも入院拒否と記載されているが、このうち拒否されたのは2例だけではないか」との指摘があった。」

W教授の先生であった山本正幸さんは、基礎生物学研究所の所長となられ現在にいたっています。W教授と朝日賞を共同受賞されたのは、所長となられた後でしょうか。
http://www.nibb.ac.jp/about/message.html

一方の名古屋大学。2014年12月に今回翻ることとなる「最終報告」がなされたのでした。当時の名古屋大学の総長は、医学部長(2005-2009)から総長(2009-2015)になられた濱口道成さんでした。濱口道成さんは、2015年からJST(国立研究開発法人科学技術振興機構)の理事長となられ、現在にいたっています。

つまり、山本正幸さんも濱口道成さんも、日本の科学技術関係のリーダーとしてはトップに立っておられる方々です。

リーダーとして自らも直接関係あるこれらの問題について、自ら何かコメントを出していただきたい、と思うのは、私だけでしょうか。黙っていれば、任期がまっとうできるとお考えなのでしょうか?

日本国内のバイオ系研究者のリーダーの劣化の一例として、皆様にも考えて欲しいと思います。私は、このような劣化したリーダーたちとその取り巻きに自分の研究者としての運命が決められ、私の研究者人生を潰されてしまった、そして2度と研究者人生をやり返すことができないことに納得がいきません。

================================================
大隅さん研究、酵母表現 岡崎・基生研ノーベル賞記念碑
http://www.chunichi.co.jp/article/aichi/20171028/CK2017102802000050.html (リンク切れ)
http://tiantiansu.exblog.jp/26138855/
    このエントリーをはてなブックマークに追加

[神経科学者SNSより改変]
例えば、Aという国の産業が発展していないというネガティブな評価があったとする。こういう場合、発展していないという悪い評価をされたAという国にお金を援助する。そういうことで、その悪い評価を良い評価に変えようとするというのが常識的な考えだと思います。

それと対照的なのが、日本の研究関係、大学、研究所、研究室レベル、更には研究者レベルでもそうだと思うのです。悪い評価がつくと、それは悪くて使い物にならないので、援助を打ち切るということになる。この違いというのは、どこにあるのでしょうか。是非、よく考えてみてほしいと思うのです。

また、プロ野球チームやサッカーチームで、弱くて負けてばかりいるチームがあったとする。こういうチームを強くするにはどうしたらよいのでしょうか。。負けてばかりいるので、ダメだということで、スポンサーもなくなる。お金がないので、良い選手が他所のチームに移籍してしまう。十分なトレーニングもできない。安い食べ物ばかり食べる。試合に集中できなくなる。こういう状態ですと、士気は下がる一方で、こういうチームが強くなるとは思われません。

国立大評価委、東大・和歌山大に低評価
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO23752450R21C17A1CR8000/
「「遅れている」と評価された東大は分子細胞生物学研究所の教授らによる論文のデータの捏造(ねつぞう)や改ざんが発覚したため。和歌山大は教員の給与体系の見直しが大幅に遅れているとして「業務運営」で「遅れている」と評価された。」

ネガティブに評価された大学はどのようになるのでしょうか。

ダメだから、その駄目な部分を改善するために、お金を与えて支援するのがよいのか。
逆に、ダメだから、懲らしめるために、お金を奪って干すのがよいのか。。


また、これと別の問題として、研究不正が「発覚」すれば、低評価となる。いじめ対策に積極的に取り組んでいる学校ほど、いじめが沢山報告される。逆にいじめ対策に取り組まなければ、いじめは発覚しない。ネガティブな評価というのも、そんなに単純なものではないように思います。

ネガティブなものを低く評価し、それを罰する。あるいは、ネガティブな評価だからこそ、それを改善するために援助する。こういうのをどう考えたらよいのでしょうか。。もちろん、それぞれによって事情は違うので、一般論として論じることはできませんが、ネガティブな評価だからといって即ダメと捉えず、立ちどまって深く考えてみるという態度は大切なように思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ